トップ
メイン > 概要 > 理事長挨拶

志楽ダイヤモンド協議会理事長就任にあたり

理事長 森田諭

 志楽区民の皆様、こんにちは。この度、2月の総会において理事長に選任されました森田と申します。私事になりますが、前年度、安岡新町自治会長として、また協議会副理事長として役員会及び企画会議に出席し、協議会細則の制定に携わったりして十分とは言えませんが、その役目は果たせたと思っていました。ところが、今回、前理事長が勇退されることになり、新しい理事長に推薦すると言われ、現役の会社員であり、現に自地区の子供会役員や学校関係の役員にも決まっていたので、中々役をまっとうできないし、他の誰かにやっていただきたいと固辞していたのですが、役員会の強い推薦もあり、役員ならびに各地区の理事(自治会長)の皆様が多岐にわたり協力、バックアッブして頂ける事を条件に引き受けることにしました。

 こんな私で、お役に立てられるか不安ですが、どうぞよろしくお願いします。

 さて、この志楽ダイヤモンド協議会は発足して4年、元々は農協が志楽地区から撤退する事を期に、当時の各地区の自治会長さんが中心となって事務局を立ち上げ、また、各団体や振興会と協力しあって、地域のみなさんが自由に、気軽に参加できる事業を続けていきたい、そして地域間の交流を深め、地域文化を向上させていくんだという志をもって発足したと聞いています、発足からこの間に、運営上のこと、規約のことなど色々と揉め事もあったように聞いていますが、今は、志楽区民の大半の方から理解を得られてると信じ、各地区の代表である自治会長さんが中心となって、子供からお年寄りまで、志楽のみなさんによる自由参加型なる事業に協力し、その運営に携わりたく思います。

 

 また、役員会のあり方については、自治会長の中から、副理事長はもちろんのこと、議長役を選出して議事を進行していただくよう考えています。また、各地区の自治会長だけでなく、副会長も参加していただける環境にして、一人でも多くの方が、どんなことをしているのか分かり合える広く開けた、そして、各地区にもちかえりやすい場にできればと思っております。各地区においての苦情や問題、そしてその対策や取り組みなどを役員会で報告してもらうことで、他地区のことを参考に各地区の役員会に諮ることもでき、小さなことが志楽地区全体の取り組みへと繋がっていく基になればいいと思うし、協議会・志楽地区として陳情すべき事をまとめるなど、和をもって、輪となりうる協議会にしたいと考えています。

 最後になりますが、志楽地区の安心安全で楽しいまちづくりに、みなさんが参加しているんだと思っていただきたく、ぜひとも皆様のお力添えと今まで以上のご理解をお願申し上げます。

                                   4月吉日


Copyright (C) 志楽ダイヤモンド協議会