志楽ダイヤモンド協議会
平成23年7月29日 ひまわりひろば 志楽幼稚園
案内
志楽幼稚園の看板
歓迎の挨拶 絵を描きました 絵を描きました 絵を描きました
志楽幼稚園では。経験豊かな地元の方たちとの交流を希望しておりました。その求めに応じて志楽ダイヤモンド協議会では風車の制作を提案しました。ホールで 運営委員の紹介をした後、園児たちが歓迎の合唱をして下さいました。高、中、幼の3班に分かれて作成することにしました。風車の羽は正方形の紙です。その 紙に園児たちは思い思いの絵を描きました。
風車に仕立てました 風車に仕立てました 風車に仕立てました 風車に仕立てました
絵を描いた紙を折り曲げて棒に指すと風車が出来ます。大きな子供、中くらいな子供、小さい子供に分かれて、志楽ダイヤモンド協議会運営委員、志楽幼稚園の 先生が、仕上げしました。未就園児が何組か見えましたが、「可愛い」と園児が歓声を上げていました。お別れに小さな風車を一人一人にプレゼントしました。
指導者

当日参加した人は、向かって左から福谷寿子、岡山美幸、東祐一郎、左近敏伸運営委員長、新谷喜久雄、清水隆、矢野圭次の運営委員です。

  
できあがった風車を園児たちは喜んで走りながら回しています。暑い太陽が照りつけているのも関わらず、園児たちはグランドへ出て、元気に走り回っていました。
志楽幼稚園との交流は12月にも行う予定です。
Copyright (C) 志楽ダイヤモンド協議会