×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


トップ
平成22年04月24日 春のガーデニング教室 ダイヤモンド協議会 文化部

 小嶋さんハンギングバスケット体験教室の実施に先立って、宇治市植物公園で4月15日に行われた日本ハンギングバスケット協会後援の「ハンギングバスケット&寄せ植えコンテスト」で、本日参加している方が優秀な成績を収めたことが報告されました。本日の講師である福村満代さんは宇治市長賞を、文化部員である小嶋益子さんは。日本ハンギングバスケット協会理事長賞 と「都の春」賞を受賞しました。
 舞鶴のハンギングバスケットの作品は優秀であり、この体験教室で学んだ知識を大いに発揮して欲しいと本日の講師である福村満代さんが挨拶しました。
 講師の福村満代さんは、2010年春に草津市立水生植物公園みずの森で行われた第26回ハンギングバスケット&コンテナ展のマスター部門で金賞を受賞しました。また、小嶋益子さんは、2009年秋に草津市立水生植物公園みずの森で行われた第25回ハンギングバスケット&コンテナ展の一般部門で努力賞を受賞しました。

受講生 

ハンギングバスケット体験教室の材料が黒板に書いてありました。
<本日の材料>
1 ベゴニア(白2株、ピンク4株、赤5株)11株
2 ペチュニア小さ輪 3株
3 アイビー 2株
4 培養土 水ゴケ・軽石・肥料 他
5 使用器材 SLT-25
講師

本日の受講希望者は28名でした。そのうち11名が初めての参加者でした。始めに植物に関する知識についての講演があり、どんな花を植えたらよいのかという説明がありました。
<植物に関する知識>
1 1.2年生草
2 宿根草
3 花木類
4 球根類
5 観葉植物
見本品バスケットに培養土を入れます。
バスケットに、軽石を入れます。
花を植えて、水ゴケを入れます。
水ゴケの効用は、大きく4っあります。
1 温度を保つ。
2 乾燥を防ぐ。
3 泥を避ける。
4 病原菌から守る。

バスケットに花が徐々に植えられました。
見本のバスケットを作って下さいました。
福村講師が生徒の回りで親切にに教えて下さいました。
徐々に植え込む 植えも木の指導
この花は1ヶ月もすると、バスケットが見えないくらいに繁茂し、美しい姿を見せるそうです。完成したバスケットを生徒さんはそれぞれ持ち帰りました。
完成
作品は6月12日には上のようになりました。  7月24日には 9月11日
作品は6月12日      7月24日には    そして9月11日には
上のようになりました。
案内
  Copyright (C) 志楽ダイヤモンド協議会